ファイザー。 ファイザー新型コロナワクチン「90%以上の効果」への疑問…何が90%なのか不明

新型コロナ「ファイザー」と「モデルナ」のワクチンの特徴は

これが現実で、われわれの目の前にある仕事は変わらない」と、ワクチン開発の結果に一喜一憂することなく、着実に対策を進めていく決意を示しました。 「でも、どうやって運ぶのだろう……」 頭の中に次々と浮かんでくる疑問を解決したくて、各社のリリースや米メディアの報道を読みまくった。 ただ、輸送の段階ではさらに低い温度が必要だと考えられるのですべての医療機関に届けるためにはまだ、課題は残っている」と話しています。

12
長く安定しているほうがより使いやすい可能性はある。

新型コロナ「ファイザー」と「モデルナ」ワクチンの特徴を“1枚の図”にまとめた!(2020年11月26日)|BIGLOBEニュース

- の社を1,600億で買収し、本社をで、法人税率の低いに移す計画としていたが、やの規制強化のため断念した。 90%の効果があると報告されている。 ただ、輸送の段階ではさらに低い温度が必要だと考えられるのですべての医療機関に届けるためにはまだ、課題は残っている」と話しています。

4
これにより、日本法人を含めて世界規模でのが進められている。

blog.codercamps.com : ファイザー、開発中のワクチンに「90%超の予防効果」と発表

ニュースリリースによれば、専門家で構成される第三者委員会がデータを評価した結果、90%の有効性が示されたという。 上海に本部を置き、日本でも非感染性疾患領域の治療薬を中心に展開する。 絵心ゼロの人であっても、「その場で図解する力」が身につく。

次に第3段落です。

「効果9割超」ファイザーワクチン、日本も大量供給合意 それでも接種が容易でない理由: J

しばらくして94人が新型コロナに感染した、という報道内容でした【注2】。 いずれのワクチンも低温で管理する必要がありますが一般の医療機関で生ワクチンなどを保管するときに使われる2度から8度の温度で保存できる日数は「ファイザー」のワクチンで5日間、「モデルナ」のワクチンは30日間と異なっています。

アストラゼネカは平均で70%、最大90%の有効性が判明したとしている。 英国のスピード認可についてEUは、証拠に基づき時間をかけて審査するのが適切との考えを表明。

「9割に有効」のファイザー社ワクチン候補、発表を読み解く

ビオンテックのサヒンCEOはロイターに対し、ワクチンの免疫効果は1年間持続するとの楽観的な見方を示したが、まだ確実ではないとした。 ワクチン供給の見通しについてファイザーは年内に5000万回分、来年には最大13億回分を生産できるとしていて、日本政府も来年6月末までに、6000万人分の供給を受けることで基本合意しています。

下図を見てください。

新型コロナ「ファイザー」と「モデルナ」ワクチンの特徴を“1枚の図”にまとめた!

モデルナは、後期治験で94%の有効性が確認されたと報告。 ちなみに、米食品医薬局(FDA)、世界保健機関(WHO)などの保健当局が設定している基準は50%の発症防止効果だ。

保管温度の違い 専門家は 「ファイザー」が開発を進めるワクチンと「モデルナ」が開発するワクチンはいずれも「mRNA」という遺伝子を使っています。

米ファイザーのワクチン超低温管理問題、マグロが日本を救う?:日経ビジネス電子版

米国内と欧州の2拠点で今年中に5000万回分、来年には13億回分のワクチンを製造する計画。

16
単に大統領選がひとつのきっかけとなって流動性がバブル化しているだけのことだろう。